メタボの基準と正しい測り方|効果的な運動や食事をわかりやすく解説

*

メタボの基準と正しい測り方|効果的な運動や食事をわかりやすく解説

メタボって一体何?基準は男性と女性でどう違うの?

健康診断などでメタボと言われる人が増えていますが、男性、女性でそれぞれ基準値は違ってきます。
まず、メタボとはメタボリックシンドロームの略で、内蔵に脂肪が溜まり、高血圧など様々な症状を引き起こした状態を言います。

太っていて病気になりかけた体と考えて頂ければ理解しやすいと思います。
基準を簡単に説明すると、内臓脂肪の溜まり具合の確認する目安としてウエストを測ります。

そして、中性脂肪値とコレステロール値、血圧、血糖値の複数で基準を超えた場合にメタボと診断されます。
男性と女性の違いはウエストサイズのみで、男性は85cm以上、女性は90cm以上がこれに該当します。

また、中性脂肪値は150mg/dl以上、コレステロール値は40mg/dLより低いと該当し、血圧は上が130mmHg以上、下が85mmHg以上で、空腹時高血糖は110mg/dL以上が該当します。
メタボと診断された人は高コレステロール、高血圧、高血糖であり、放っておくと糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞などの重大な病気を引き起こし、場合によっては死に至ることもあります。

お腹回りが気になってきた人は、一度ウエストをチェックしてみてはいかがでしょうか。

メタボ

メタボの腹囲の測定位置と測り方はどうするの?

メタボ健診での腹囲の測定位置は、基本的にはへそ回りと思っていて間違いはなく、また測り方としては力を抜いて、軽く息を吐いた状態で行うのが正しい方法です。
よくある誤解ですが、メタボ健診では、あくまでも腹囲を測っているのであってウエストを測定しているわけではありません。
ですから、腰回りの最も細いところが測定位置ではありません。

測り方としては、当然のことですが、無理にお腹を引っ込めた状態では正しく腹囲を測ったことになりません。
測定位置にメジャーを当てながら、力を抜き、軽く息を吐いた状態で測定するのが正しい測り方です。

なお、相当に太った人は、へその位置ではないところにメジャーを当てられることがあるかもしれません。
これは、実はへその位置というのが絶対的な基準ではなく、あくまでも目安に過ぎないからです。

正確な測定位置は、肋骨の一番下と、骨盤が一番外側に出っぱっている場所との中間で測るということになっています。
これは、なかなかお腹を見ただけでは分かりませんから、多くの人ではこの高さが、へその位置にほぼ一致することから、へその周囲で測られていることが多いのです。

メタボ健診では、男性85cm未満、女性90cm未満が腹囲の基準値とされています。

メタボとコレステロールには関係があり、コレステロールとは脂肪の一種で体にとって無くてはならないものですが、数値が高いとどんな症状が出るのでしょうか。

コレステロールの数値が高いとどんな症状が出る

運動

メタボに効果的で簡単な運動は何?

お腹周りに脂肪がついているとよくメタボだと言われますが、この状態は見た目に良くないだけではなく、恐ろしい病気の危険が迫っていることのサインなのです。
しかし、このお腹についた内蔵脂肪は落としやすいという特徴を持っているのです。
脂肪を落とすには運動が最も効果的です。

運動が苦手な場合でも、メタボを解消するための運動は、それほど辛くない、比較的手軽で簡単な有酸素運動がおすすめです。
例をあげればウオーキングやジョギング、水泳やサイクリングなどです。

これらを軽く汗ばむ程度の強さで一日20分程度行うことが理想です。
いくつかの運動を組み合わせたり、また10分間これらを一日数回に分けて行っても良いですね。

また、忙しくて時間のとれない人には、生活の中のちょっとした工夫で簡単にメタボを解消することも出来るのです。
それは短い距離なら車を使わず歩いて移動する、エレベーターではなく階段を使う、なるべく早足で歩いてみるなどです。

そして最も大切なことはこれらを毎日続けることです。
簡単な運動でも続けることによって大きな効果を発揮します。
継続ということばがメタボ解消の秘訣なのです。

運動

おすすめな食事とメニューは何?

便秘の時ってイライラしたり、ストレスもたまりがちですよね、もしかしたらメタボの原因にも…そんな時にうってつけの、身も心も「スッキリ」できるおすすめの飲み物を紹介します。

便秘に最も多い原因が「消化器官の能力低下や不調」、つまり腸が仕事をしない状態です。
これでは体にも悪い影響が出てしまいメタボの原因にも繋がります。

これを解消するには、体の外側、つまり食事のメニューから腸の働きを促進させまず、食物繊維が腸の働きを促進させて便を柔らかくしてくれます。
また牛乳も加えて、ストレス解消に役立つカルシウムも一緒に摂取しましょう。
今回紹介する、おすすめのメニューはスムージーです。

材料は、

小松菜1/3束

りんご1/2個

バナナ1本

キウイ1/2個

豆乳 または 牛乳大さじ3

氷5~6個

これをミキサーで混ぜれば簡単にスムージーが出来上がります。
小松菜やリンゴは食物繊維が豊富、バナナはカリウム、キウイはビタミンC、さらに牛乳はカルシウムや鉄分がたっぷりです。

間食に、またいつもの食事の置き換えにしても良いので、メタボ対策にもなります。
暑い夏におすすめのさっぱりしたスムージーです。

スムージー